5年後の綺麗と元気を育むセルフケア専門ショップ ビューテリジェンススタイル

HOME

トラブルからアイテムを探す

取扱いブランドからアイテムを探す

オフィシャルショップからのお知らせ

2017/04/07
春の駆け込みお手入れキャンペーンカッサ付きセット好評発売中です。
2017/04/07
スリロジー バイタルマネジメントサプリメント本日より販売スタートいたしました。
2016/05/05
大人気ヴェイナージュバンテージ入荷しました、夏に向けての美脚ケアにおすすめです。
2016/03/28
雑誌クレアでギフトにお勧め極上ビューティツールとしてご紹介頂きました。
2015/11/26
11月25日ビューテリジェンススタイルのwebショプがオープンしました。

夏は男性もかかとケア!!

男性の第二印象アップのセルフケアは「かかと」

男性も夏のかかとケアが大切

意識の高いビジネスマンは、日頃から靴や爪等のお手入れに余念がないと思いますが、これからの季節!これらのケアに加えてしていただきたいお手入れが、見えない部分のメンテナンス=かかとです。

足はその人の何気ない生活習慣を映し出してしまう重要なパーツ。

「かかと」をみるだけで、健康そう、清潔そう等、印象のラベルをはられてしまう判断パーツでもあるので、女性から向けられる視線にも要注意。

そんなみなさんがノーマークの「かかと」が少しでも綺麗となると、それだけで印象株も急上昇という訳なんです。

男性にもかかとのカサカサで悩む方が急増中

昨今、女性と同様に、かかとの乾燥で悩む男性が急増してます。それは日々のストレスや、冷え、運動不足、固いビジネスシューズなどを履き続けている等が影響しその様な要因を招くことに。

男性の中には、荒れたをかかとの角質を即時に解消しようと、鋭利な刃物を使って削りとってしまう等、女性から見たらドキドキしてしまう(怖い方)お手入れをされる方も多くおられます。

しかしこの様な無謀な自己流ケアは、かえってかかとの状態を以前よりも悪化させ余計に荒れしてしまう事にもつながるので注意が肝心です。

すべての結果には原因がつきもの

しかるべき理由があるからこそ、現実がある。目尻のしわは目立つので気にしても、表向きは見えないからと、かかとは気にしないという方も多いと思いますが。

「かかと」は若さと健康のバロメーターともいわれて折、体の内側の状況を如実に表します。

30代を過ぎた男性であれば、かかとケアにも着目し、メカニズムをしり対策を投じてください。かかとケアの一番の早道は、肌そのものも仕組みやカニズムをまずは理解してていただくこと。

理にかなったお手入れはよい結果を導きます。

そもそも何故かかとが乾燥するのか?

  1. 足の裏には皮脂腺がない

    原因の一つとして、足の裏そのものの構造があります。

    顔や体には汗腺の他に皮脂腺がありますが、足裏には、皮脂腺がありません。その上、常にダメージと戦っている足裏の皮膚は、顔の厚さと比べると約20倍以上も分厚く、顔はローションや美容液などをつけ常にケアをして潤う要素がありますが、多くの方にとって足は見えないし放っておいてもよいといった場所といった印象ではないでしょうか。

    若い頃は代謝も高く、肌の再生リズムも28日間と短サイクルでうまれかわっていたので、こんなお悩みは感じなかったと思いますが、年齢や様々な要件が重なってくると、肌の生まれ変わりのサイクルも40日60日と伸びてしまい、潤いとはかけはなれた分厚い角質がごっそりついた、カチカチなかかとの万年ホールダーに。

  2. 運動不足がもたらすかかとへの影響

    がさがさになった男性のかかと

    もう一つ重要な原因に、運動不足があります。これは男性にかぎらず、女性にもいえることですが、移動はほとんど車、もしくは駅でも階段を使わず、エスカレーターに直行などを繰り返していると、全身の血のがめぐりが悪くなり、お肌の新陳代謝にも影響します。

    全身の代謝が落ちてくると、肌への影響もでてくるので、末端である足裏はその状況も諸にうけてしまいます。

  3. 足裏は実はダメージを受けやすい

    がさがさになった男性のかかと

    家のなかで、フローリーングやカーペットを裸足で歩いていたり、踵のぶあつい革靴で長時間過ごしていると、しらぬまに足から大事な潤い成分が奪われ、乾燥を悪化させる原因にも。

    また夏場の、素足のサンダル履きも要注意!かかとと、サンダルが離れるたびに、サンダルがかかとをノックしている様な状況と同じ状況になり、その刺激から肌を守ろうと皮膚があつく硬くなっていきます。

    その上、足裏には皮脂線がなく、ただでさえ乾燥をするのに、この様な刺激・乾燥等のWの状況が重なり、夏は冬よりもかさかさ、ガチガチになる要素がとても大きいのです。

  4. ストレスや睡眠不足、加齢等からも。

    かかとのかさかさとストレスが関係あるの?と思われるかもしれませんが、実は大きく関係があります。

    お肌と血液の循環は密接な関係があり、ストレスや睡眠不足で自律神経のバランスが崩れ血液のめぐりがわるくなったりすると、お肌の再生リズムにも影響がでます。さらに加齢によるホルモンの減少で、お肌の水分保持能力が落ちてきます。

    この様な小さな要因が積み重なることで末端の肌「かかと」にも悪影響を及ぼすことへとつながるのです。

  5. お肌の再生リズムは顔もかかとも同じ28日間

    実際に28日間の肌リズムで生まれ変わっているかかと状況を維持している方を探す方が少ないと思いますが、そもそものお肌の仕組みは、14日間で肌が形成され14日間で余分な角質が徐々に剥がれ落ちるという仕組みになっています。

    したがって削ったりするケアやはがしたりするケアは、素人ではその微妙な線引きを見極めることが難しく、またまだ剥がれ落ちる準備ができていない肌さえも巻き込んでしまい、結果的に落としてしまう事になるので、肌はその状況から身を守ろうと余計に硬くし、荒れた状況を呼び起こすことへとつながります。

脱 かさかさかかとへの道のり

  1. 室内や室外でも極力素足でいる機会をへらし靴下をはき足を保護するようにする

    ダメージを最小限にする事で、潤い貯金ができます。

  2. 生活スタイル全般をみなおす

    複数の要件が重なり、今の状況がおこっています。総合的なライフスタイルを見直す事で肌の質ももかわってきます。

  3. こまめに保湿をする

    削るよりも「保湿」。保湿で状況が改善されるのかと思われるかもしれませんが、前項で説明させていただいた通り、肌のメカニズムを理解するなら保湿の意味もご理解いただけると思います。

    保湿といっても、週に1度の保湿ではなく毎日1分でも小まめな保湿が功を制します。まずは自分自身で実感されてみてください。

もしここにあげさせていただいた様な改善策をおこなっても、一向に、かさかさが治らないという場合には、「かかと水虫」などにかかっている等、他の皮膚病にかかっている事が原因としてあげられるかもしれません。

また、冬場だけでなく、夏でもかかとがずっとカサカサな場合には、同じことが考えられるので、すぐに皮膚科への受診をおすすめします。

自己流のケアは状況悪化を長引かせてしまうので、きちんと医師の診断をお仰ぎ、その指導に基づいたケアを行うことで、短期でお悩みが緩和されていきます。お肌の弱い方も同様です。

男性でこまめに、かかとケアをされている方は、まだ少ないので、それゆえにきちんとお手入れをしていただくことで、見違える様な結果、うるおったかかとが手に入れていただくことができます。

素足が美しい男性は女性からの株も急上昇

素足が美しい男性

「こまめな保湿なんて、そんな地道なプロセスは絶対我慢できない」と思われる方も多いと思いますが、肌の仕組みから考えた場合、結局はそれが早道です。男性だって、短期間でみちがえる様なかかとが手に入ります。

素足が美しい男性は、それだけで女性からの株も急上昇ですし!!清潔感あふれる素敵な人だという印象がうえつけられます。女性は男性の爪や指先も注目していますが、かかともみていたりします!

ぜひ、今年の夏はパーツコンシャスなケアにもこだわっていただき、更に楽しい夏を満喫してください。

かかとが潤った以上の嬉しい結果が待ち受けいるかもしれません。

ガサガサひび割れかかとにお悩みなら、かかとケアクリーム「クラックドヒール」

当ショップでは、塗るだけの簡単かかとケアの商品を販売しております。片手で塗ることができるスティックタイプなので、忙しい毎日をお過ごしの方にも取り入れやすいアイテムとなっています。美しいかかとを目指す際には、当ショップのかかとケア商品をぜひご活用ください。

削らない塗るだけのかかとケア、クラックドヒールリペアー

ご利用ガイド お支払い方法、送料・発送について、返品交換について